40代・50代女性がウェルビーイングなくらしを実現するための3つのポイント

生きていくうえで大切にしたいことは何ですか?また、幸福に感じる瞬間はどんなときでしょうか。自分の心が満たされていると感じる瞬間は、人によってさまざまです。
40代・50代と人生の後半にさしかかり、このままでいいのか、これからの人生どんな風に生きていこうか、と迷っている方もいるかもしれません。

そんな40代・50代女性の目指す生き方の参考にしていただきたいのが、ウェルビーイングというあり方です。
女性誌などでも取り上げられつつあるため、ウェルビーイングという言葉自体は聞いたことのある方もいるかもしれません。
近年関心が高まっている考え方のひとつで、くらしや生き方にも応用することができます。

今回は、そんなウェルビーイングなくらしを実現するポイントついて紹介します。

目次

ウェルビーイングとは

ウェルビーイング(well-being)とは、身体的・精神的・社会的に満たされた状態のことを言います。
働きやすい職場の基準としてビジネスの場でも使われることがありますが、くらし方の基準にもなります。

40代・50代女性の中には20代、30代を仕事や子育てで忙しく過ごしてきた方も多いでしょう。
自分のためになかなか時間を使えなかった方もいるかもしれません。
40代、50代、60代とこれから先には、活き活きと輝く人とそうでない人が今まで以上に大きな差となって表れます。
自分がどんな生き方をしたいのかを考え、さらに充実した人生を目指しましょう。

自分の幸せを追求して自分らしく生きるために、40代・50代女性にはぜひ参考にしてほしい考え方です。

40代・50代女性がウェルビーイングなくらしを実現するための3つのポイント

では、実際にウェルビーイングな暮らしを目指すためにはどうすればいいのでしょうか。ここでは3つのポイントに沿って紹介します。

(1)自分の幸せを知る

ウェルビーイングな暮らしの基準は人によって違います。他の人が幸福に感じることを自分も幸福に感じるとは限りません。
まずはじっくりと自分と向き合い、どのような状態になれば自分にとってウェルビーイングな暮らしに近づくのかを知る必要があります。

・どんなときに満たされていると感じるか
・今の暮らしの中で億劫に感じること
・10年後どうなっていたいか
・どんな人に囲まれていたいか
・何をしているときの自分が好きか

上記のようなことをイメージし、どうすればそれに近づくか考えて実行していきましょう。
とっておきの素敵なノートを購入して、書き記しておくのもいいですね。どうせなら、とことんハッピーにこだわりましょう。

(2)「今から始めても遅い」という考え方を捨てる

40代・50代女性の中には、暮らしのスタイルの変化や新しい挑戦への一歩がなかなか踏み出せないという方も多くいます。
しかし「人生100年時代」とも言われ、この先50年以上生きていく人が多くなります。
また、60代になったときに「あのとき始めていれば…」とならないためにも、やりたいことはなるべく早く始めましょう。
何歳からでも遅くないことを理解し、60歳、80歳になっても新しい挑戦をしている人はたくさんいます。
そういう人の著書などにもとても勇気づけられるので、手に取ってみるのもいいかもしれません。

(3)いらないものを手放す

ウェルビーイングな暮らしを追求するうえでは、嫌なこと・人から逃げることも必要です。
「今まで大切にしてきたから」「世間体があるから」などという理由で手放せないままでいると、心や身体がどんどん重くなってしまいます。
嫌なものを思いきって減らす・なくす努力をすると、ぐっと魅力的で満たされた暮らしに近づきます。

まとめ

忙しい日々の暮らしに追われていると、自分がどんなことが好きで、どんな生き方をしたいのかとゆっくり考える機会はあまりありません。
しかし、より自分らしく活き活きと暮らすためにも、ウェルビーイングはとても心強い考え方です。
この機会にぜひ参考にして、より豊かに生きるための目標を立ててみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる