5つのキーワードから紐解く、人生後半をおひとりさまで生きていく不安の解消方法

このままひとりで生きていくのだろうかと考えたとき、不安を感じることはありませんか?
自ら選んだ人生だけれど、なんとなく未来に不安を感じずにはいられない。そのような悩みを抱えている人もいることでしょう。

目次

5つのキーワードから紐解く、人生後半をおひとりさまで生きていく不安の解消方法

まずは、抱えている不安や悩みを書き出してみよう

お金、健康、孤独……、あげだすとキリがないかもしれませんね。
不安を感じるあまりに、漠然とした不安に取り込まれてしまうかもしれません。

不安に不安を感じることがないように、今抱えている不安をノートなどに書き出してみてください。
小さなことから大きなことまですべての不安を書き出していくことで、気持ちが整理され新たな発見や解決策を見つけ出せるかもしれません。

おひとりさまで生きていく不安解消への5つのキーワード

おひとりさまで生きていく上での不安を少しでも解消するためには、いかに備えておくかがポイントです。
ここでは将来への備えとして、「お金」「人間関係」「病気」「住まい」「趣味」からなる5つのキーワードに注目しました。

キーワード1.お金

まずは現在の生活費を元に老後に必要な毎月の生活費を算出してみましょう。
算出された生活費から支給される年金を差し引いた金額が、老後に毎月必要となるお金です。
必要となる金額がわかれば目標を定めた老後資金の確保がしやすくなるでしょう。

生活費の見直し、貯蓄・投資など、できることからはじめてください。
またできるだけ長い期間収入源が確保できるよう、仕事への向き合い方を考えたり、資格取得・スキルアップしたりすることもオススメです。

キーワード2.人間関係

友人と定期的に会ったり連絡をしたりしておく。近隣の人と顔を合わせたらきちんとあいさつする。些細なコミュニケーションの積み重ねが備えとなっていきます。
新たな出会いを求めるあまり、疲弊するようなことはしなくても大丈夫です。

日々の買い物はできるだけ同じ店で済ませる、近隣で行われるイベントへ足を運ぶ、習い事をする。
地域とのつながりを積極的にもつことで孤独や防犯に対する不安の解消にもつながるでしょう。

キーワード3.病気への備え

まずは食事の見直しや、質のよい睡眠の確保、適度な運動などの生活習慣の見直しからはじめてみましょう。

その上で現在入っている保険の見直しや、今後ご自身が受けられる医療や介護制度についての知識を身に着けていくといいでしょう。
いざというときに備えるために、常に情報収集をおこない、知識をアップデートしておくことも大切です。

キーワード4.住まい

時代の流れとともに高齢者や単身世帯向けの賃貸物件への需要は高まり、増加していく可能性があります。
住まいを借りられないかもしれないという不安のあまり、持ち家にこだわって老後の資金を削るより、老後に住める物件を借りるための備えに残しておくことも大切です。

現在お住まいのエリアや、将来的に住みたいと考えているエリアの公営住宅や、物件の相場などもチェックしておくといいでしょう。

キーワード5.趣味

おひとりさまで生きていく上で大切なポイントは、ひとりで楽しめる趣味をもつことです。
コスパがよく簡単にはじめられる・継続できる趣味がオススメです。

散歩や読書などをはじめ、コーヒーや紅茶を丁寧に淹れて飲むなど、心を豊かにできる「余暇を楽しむ方法」があれば、孤独や寂しさを和らげられるはずです。
ひとりだからこそ楽しめることを、今からたくさん探しておくといいでしょう。

早めの備えで不安を少しでも軽減しておこう

おひとりさまの将来について考えると不安材料はつきないかもしれません。
しかし少しでも備えておくことで不安を軽減できる可能性はあるはずです。

漠然とした不安に取り込まれて苦しまないためには、何に不安を感じ、どのように対処できるかを常に考えておくことが大切です。
正解は1つではありませんので、試行錯誤しながら、よりよいおひとりさま生活を目指してくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる