老後を健康に過ごしたいかた必見!今からできる良い内科かかりつけ医の見つけ方

年齢が上がるにつれて、病院にかかる回数はどうしても増えていきます。
「なんとなく身体が不調だけど、どの病院に相談したらよいのだろう?」、40代を過ぎてそんな風に思ったことがある人も多いのではないでしょうか。

病気になってから慌てて病院を探すより、普段から健康相談や予防注射などをしてもらえる「かかりつけ医」を作っておくと安心です。
しかし、「今まで健康だったので、かかりつけ医をどうやって探していいか分からない」
という方もいるでしょう。この記事では、かかりつけ医をもつメリットやかかりつけ医を見つけるポイントを解説します。

目次

かかりつけ医を持つメリット

かかりつけ医とは、風邪をはじめとする軽い病気の診察を受けたり健康診断や予防接種を受けたりできる医師のことです。
決まりや制度ではなく、どこに務める医師でも「かかりつけ医」とすることができますが、入院施設を持たないクリニック勤務の医師を選ぶのが一般的です。

かかりつけ医がいれば、病気を診てもらうだけでなく健康相談や介護の相談などもできます
また、診察の結果専門医によるより詳しい診察が必要だと思った場合は、大きな病院へ紹介状も書いてもらえます。
現在、大学病院をはじめとする地域の基幹病院は、かかりつけ医から紹介状を書いてもらってからの受診を推奨しており、紹介状なしの場合だと2000円前後の初診料を余計に請求するところも増えました。
紹介状を書いてもらうことで、はじめての病院でも健康状態や病歴などを素早く把握してもらうことができ、スムーズに診察がすすみます。

これからますます高齢化社会を迎える日本でかかりつけ医は、健康的な老後を過ごすために欠かせない存在となることでしょう。

・自分のからだの変化に気づいてもらいやすい
・かかりつけ医に健康や介護の相談ができる
・大きな病院への紹介状を書いてもらえるので、いざという時にスムーズに必要な処置を受けられる

かかりつけ医は内科がおすすめ

医師にはさまざまな専門科があります。
持病がある方はその専門科のかかりつけ医を持つと安心です。
現在特に健康に問題がない場合は、幅広い場所を診てもらえる内科をかかりつけ医にするといろいろな健康相談ができるのでおすすめです。

良いかかりつけ医の見つけ方

厚生労働省でも、上手な医療のかかり方.JP というページを設け、かかりつけ医の探し方を紹介しています。ここでは、自分に合ったかかりつけ医を探すポイントを解説しましょう。

近所のクリニックのホームページをチェックする

かかりつけ医は通院しやすいところにあることが大切です。
まずは自宅の周りにどのようなクリニックがあるかチェックしましょう。
Google検索などで内科医+現在地(お住まいのエリア名)と検索するのが簡単でおススメです。

候補となるクリニックが見つかったら、ホームページを確認してみましょう。
ホームページを見れば、診療科はもちろんのこと診療方針や院長の病気に対する考え方なども分かるでしょう。
ホームページを見て「自分に合ってそう」という病院を絞れば、かかりつけ医を探しやすくなります。

口コミサイトも参考にする

かかりつけ医は、デリケートな話題をすることもあります。
しっかりとコミュニケーションを取れる医師を選ぶことが重要です。
ホームページを見ただけでは分からないことも多いので、口コミサイトも参考にしましょう。
「病院・口コミ」で検索すれば複数の口コミサイトがヒットします。

口コミサイトで特に注目すべきは、点数ではなく口コミのコメント内容です。
ただし、悪い口コミが書かれていても、コメントした人がたまたま辛口だったというケースもあります。
もしも、悪い口コミを発見した場合は、複数人が同じようなコメントをしていないか、他の口コミサイトではどうか、検索サイトで「病院名+口コミ」などを検索した時に怪しい情報がないかも合わせてチェックしましょう。

産業医などから紹介してもらう

会社に産業医がいる場合は、かかりつけ医を紹介してもらえるか相談してもらうのもいいでしょう
医師には独自のネットワークがあります。
健康診断の結果から、おすすめのクリニックを紹介してもらえれば心強いはずです。
可能ならば、紹介状を書いてもらうと診療もスムーズにいきます。

かかりつけ医を作ったら定期的に受診する

かかりつけ医は制度ではありません。
医師と特別な契約を交すわけではなく、費用も必要ありません。
そのかわり、受診期間が空いてしまうとかかりつけ医の意味も失われてしまいます。
病気にならなくても、年に1度健康診断をしてもらうために受診してもいいでしょう。
定期的に受診をして体の状態を把握しておいてもらうことが大切です。

まとめ

かかりつけ医を探すのは、難しいことではありませんが、病気になってから医師を探すのは大変です。
40代以降になったら、近隣にどんな病院があるかだけでも確かめておくといいでしょう。
また、老後のために住み替え先を探す時も、かかりつけ医になりそうな良い医者がいそうか、あらかじめ確認するのがおすすめです。




よかったらシェアしてね!
目次
閉じる