40代・50代の女性に向いているのはどっち? つみたてNISAとiDeCoを徹底比較

銀行の預金金利がほとんどつかない中、比較的ローリスクで資産形成ができると注目を集めているのが、つみたてNISAiDeCoです。
どちらも長期的な資産形成に有利な手段として、国が利用を勧めていますが、
「違いが正直わからない」
「損するのが怖くて始められない」
と思っている方も多いのではないでしょうか。


この記事では、つみたてNISAとiDeCoの特徴とメリットをそれぞれ比較し、特に40代・50代の女性にはどちらが向いているのかを、できるだけ難しい言葉は使わずに解説します。

目次

つみたてNISAとiDeCoの違いとは?

(1)つみたてNISAの特徴とメリット

つみたてNISAは、投資で得た利益を非課税にできる税制優遇制度のことで、その特徴をかんたんにまとめると以下のとおりです。

・日本に住む20歳以上なら、だれでも利用できる
・投資できるのは、『金融庁が長期の積み立てや分散投資に適していると認めた投資信託』のみ
・毎年40万円までが、20年間継続できる
・投資信託の購入は、毎月や毎週など決まったタイミングで行う
購入してから、20年間のうちに売却して得た利益に税金がかからない。
・投資額はいつでも変更でき、解約も自由

最大の特徴としては、『購入してから、20年間のうちに売却して得た利益に税金がかからない』という部分にあります。
投資をして利益を得た場合、通常はその利益に対して約20%の税金がかかります。

例で説明します。毎年40万円の投資信託を定期購入して、利回り3%(年率)で10年間運用したとしましょう。
ちなみに、利回り3%(年率)という水準は平均的なリスクの運用水準となっており、決してハイリスクハイリターンを狙った数値ではありません。
このとき、400万円ほどの積み立て額にたいして、およそ65万円程度の運用益が想定されます。
普通に投資信託を購入していた場合、65万円の運用益に対しておよそ20%の税金がかかるため、結局得られる金額は52万円に目減りします。
一方で、同じ投資信託をつみたてNISAを使って購入した場合、購入してから20年間のうちに売却して得た利益には、税金がかからないのです

さて、つみたてNISAと、iDeCOとともによく比較されるのが一般的なNISAです。
つみたてNISAとは投資枠と期間が異なっており、一般的なNISAの場合は、年間120万円までの投資に対する利益を非課税にできますが、その期間は5年間となっています。

また、購入できる商品にも違いがあります。
つみたてNISAで購入できるのは、金融庁”お墨付き”の投資信託に限定されており、自由度は低いですが、リスクを最低限に運用できます。

一方で、NISAの場合は、投資信託に限らず国内外の上場株式や、REITなど様々な商品を購入できるため、一見すると魅力的ですが、自分で商品の良し悪しを判断できない人にとっては、リスクの高い博打的な投資になってしまいます。

つみたてNISAと一般的なNISAを同時に利用することはできないので、自分の投資スキルやとれるリスクの大きさを踏まえて、自分に合った方法を選びましょう。

(2)iDeCoの特徴とメリット

iDeCo(イデコ)は、「個人型確定拠出年金」の愛称です。公的年金にプラスして受け取れる、自分でつくるオリジナルの年金だと思ってください。こちらの特徴も、以下のようにまとめました。

・20歳から60歳未満の方なら、基本的にだれでも利用できる
・毎月5千円以上、千円単位で自分で掛金を設定する。ただし、掛金の上限は、職業によって異なる
3つの節税メリットがうけられる
・一度開始すると60歳まで引き出せない
・口座管理手数料が約2800円/年間かかる

上記のとおり、iDeCoには3つの節税メリットがあります。これをもう少し詳しく解説していきます。

①掛金が全額所得控除の対象になる

iDeCo最大のメリットです。例えば、年収600万円の会社員で所得税が10%・住民税が10%の方が、毎月の掛金を2万円に設定したとしましょう。
すると、年間で4.8万円の税金が控除されることになります。もしも、40歳から60歳までの20年間、同じ条件で継続した場合、96万円も節税メリットが得られるのです。

所得税は、年収が高い人ほど大きくなるので、高所得者の方は恩恵が大きくなります。

②運用益を非課税で再投資することができる

iDeCoで購入した商品を運用して利益が出た場合、そのまま放置しても良いのですが、十分利益が出たところで商品を売却し、その運用益を再投資することができます。
通常の金融商品の場合、運用益には約20%の課税がされるのですが、iDeCoの場合は非課税となります。

③受取るときにも控除が適用される

iDeCoで作った年金の受け取り方は、一括で受け取る・分割して受け取る・一括と分割を併用するの3種類あり、選ぶことができます。
受取り方によって適用される控除が異なり、一括で受け取る場合は「退職所得控除」、分割して受け取る場合は「公的年金控除」が適用されます。
実は、会社から退職金をもらってるかなど、受取時の状況によって、どの受け取り方の方が、より有利になるか異なります。
少し難しいので、iDeCoの受け取り時には注意するとだけ、一旦覚えておきましょう。

どうしても元本割れをしたくない時には

どうしても投資をしてマイナスになってしまうリスクが怖いという方は、iDeCoのメニューには、元本確保型商品というものもあります。
口座管理手数料の2800円よりも、上記の節税メリットの利益があるなら試してはいかがでしょうか。

(3)iDeCoとつみたてNISAは目的ごとに使い分けるのがおすすめ

ここまであげたiDeCoとつみたてNISA、2つのメリットとデメリットをざっくり次のような表にまとめました。

つみたてNISAは、長期間かけてまとまった資産形成をしたい人に向いています。40代、50代ならば子どもの教育資金を貯めておきたいという方もいるでしょう。
また、いつでも投資額を変更できるので、収入に余裕が出たら投資額を増やし、支出が多くなったら投資額を減らすこともできます。

一方、iDeCoの場合は老後資金の形成に特化した商品です。40代・50代になれば老後資金のことをそろそろ考えなければなりません。
iDeCoは節税メリットが多く、おすすめの制度です。そのかわり、60才まで資金を引き出すことはできません。
よって、毎日の生活費がカツカツのような状態でiDeCoに頑張って投資するのはやめた方がよいでしょう

以上より、どちらか一方というよりは、iDeCoとつみたてNISAを目的に応じて使い分けるのがおすすめです。
たとえば、投資に使えるお金が月に3万円あるならば、1万5千円ずつ投資してもいいでしょう。
また、時と場合に応じて、より力を入れたい投資に多くお金を用いることも可能です。子どもが大学に行くまではつみたてNISAに多めに投資し、教育資金が必要なくなったらiDeCoに多めに投資するようにすれば、効率的に資産運用ができるでしょう。

まとめ:つみたてNISAとiDeCoの特徴を把握できたら、早速チャレンジしてみましょう

iDeCoとつみたてNISAは、両方とも国が推進している長期の資産形成が可能な手段です。
筆者も実際にiDeCoを約10年、つみたてNISAは約2年ほど運用しています。
iDeCoについては、現在の証券口座に移動してから約4年が経過しましたが、4年間の評価損益は+65万円になっています。これ以前の口座分も合わせると+100万円ほどになっていると思います。
上記とは別に掛金の所得控除を受けているので、iDeCoに関しては本当にメリットを感じています。
マイナスになることもありますが、宝くじを買うよりも、よほど確率高く100万円を得ることができるのではないでしょうか。

▼筆者のiDeCo口座の管理画面

また、つみたてNISAについても、2年間で+20万円ほど運用益を得ることができました。
コロナショックで株価が下がったころに買い始めたのは幸運だとは思いますが、こちらも非常に良い制度だなと思います。

つみたてNISAやiDeCoのような長期投資にとって、時間は最大の武器です。
多少運用している間にマイナスになったとしても、放っておけばプラスになることの方が多いです。
今日が一番若い日、最もチャンスが大きいタイミングです。
迷っているなら、まずは少額でリスクの低い商品から初めてみるといいのではないでしょうか。




よかったらシェアしてね!
目次
閉じる