40代からの、夫婦で行う老後資金の貯め方3選

40代になると、「そろそろ老後資金を貯めなければ」と考える人が増えてきます。しかし、夫婦共に40代の世帯は子どもの教育費や住宅ローンで出費が増えがちです。
「老後資金を貯めなければならないと思うが、なかなかうまくいかない」と悩む人も多いことでしょう。
この記事では、40代の夫婦におすすめの老後資金の貯め方について解説します。

目次

40代から老後資金の準備が必要になる理由

金融広報中央委員会が行った「家計の金融行動に関する世論調査」(令和2年度)※1によると、40代で2人以上世帯の平均貯蓄額は1012万円、中央値は520万円です。

一方、生命保険文化センターが行った「生活保障に関する調査(令和元年度)」※2によると、定年後に必要な最低日常生活費の平均額が月額22.1万円、余裕ある生活を送りたい場合に必要な日常生活費の平均額が月額は、月額36.1万円となっています。

月額30万以上の生活費を賄うには、厚生年金や国民年金だけではとても足りません

老後に豊かな暮らしをするために必要な貯金額が2000万円以上というのは、大げさな話しではないのです。
数千万円のお金を貯めるには、長い時間かけてコツコツと行っていくことが大切になります。今は65才までは働くことができ、将来的には定年が70才まで延長される見込みです。
しかし、年を取れば医療費も上がり、生活にサポートも必要になります。いざというときに備えて、40代から少しずつ「老後に使えるお金」を作っておくと安心です。

※1「家計の金融行動に関する世論調査」(令和2年度)https://www.shiruporuto.jp/public/data/survey/yoron/
※2「生活保障に関する調査(令和元年度)」https://www.jili.or.jp/research/report/chousa10th.html

40代におすすめの老後資金の貯め方3選

前述したように、40代は支出が増える世代です。一昔前のように年々給与が増えていく企業は少ないので、やりくりに苦労している家庭も多いことでしょう。
老後資金のため方のスタンダードは貯金ですが、現在は利子も低く少額しか積み立てられないと資産を増やすのは難しくなっています。そこでここでは、貯金以外で老後資金を貯める方法を紹介します。

(1)個人年金

個人年金とは、公的年金を補完する目的で作られた私的年金の1つで「貯蓄型保険」に分類されます。契約の際に年齢を定め、その年齢まで一定の掛け金をかけ続けることで一定期間毎年定額が支給される商品です。年金の支給前に被保険者が亡くなった場合は遺族に年金が支払われる商品もあるため、夫婦どちらか一方でも加入しておくとメリットがあります。また、控除の対象にもなるので、節税対策にもなるでしょう。

(2)投資信託

貯金をしても利子がほとんど付かない現在、投資をして資産を増やしたいという人も多いでしょう。投資信託は出資者の資金をまとめて投資の専門家が複数の投資対象に分散して投資をする方法です。
ローリターンですがリスクも低く、長期的に投資を行えば、貯金に利子が付いたくらいの利益を得られる可能性が高いでしょう。NISAを利用すれば、投資信託の運用費が非課税にもなります。つみたてNISAを利用すれば、毎月少額ずつでも無理なく投資ができます。

(3)外貨預金

外貨預金は、日本の貯金より金利が高くうまく運用すれば単に貯金をするよりよい利回りです。また、投資より理解しやすくはじめやすいのもメリットです。現在は多くの銀行で外貨預金の商品を扱っており、複数の外貨に分散投資することでリスクを低めることもできます。このほか、投資信託や年金に比べて外貨預金は解約や再開が簡単です。「急にまとまった額が必要になった」というときも外貨預金ならば一部だけ下ろすこともできます。

まとめ

今回は40代夫婦におすすめの老後資金のため方について解説しました。月々5千円でも、1万円で老後資金の貯蓄をはじめれば1年間で数万円~十数万円の貯蓄ができます。それを10年続ければ、100万単位の貯蓄が可能です。家計を見直して支出を少しだけ減らし、その分を老後資金の貯蓄に回してみましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる