キッチンの断捨離は簡単!? スムーズに行うコツを解説

不必要なものを捨て、自分にとって本当に必要な物だけを残す「断捨離」は、キッチンから始めるとよい、といわれています。
しかし、「キッチンのどこから手を付けていいか分からない」と悩んでいる人も多いことでしょう。
この記事では、キッチンの断捨離をスムーズに行うコツを紹介します。

目次

掃除をはじめない

キッチンを断捨離しだすと汚れが気になりはじめることもあります。
特に、長年掃除していない場所は油やホコリが固まっていることも多く、気になることでしょう。
しかし、掃除を始めてしまうと断捨離がいつまでたっても終わりません。
まずは不用品を全て片付けてから、改めて大掃除に着手しましょう。
そのほうが何倍も効率がいいはずです。

使いかけの調味料から断捨離を始める

断捨離が進まない理由の1つに、「捨てるのはもったいない」という気持ちがあります。
いくら不要のものでも、まだ使える物を捨てるのは抵抗がある人は多いことでしょう。
キッチンには、食器類や調理器具などが溜まりがちですが、捨てる決心がつきにくいこともあります。

では、調味料はどうでしょうか?
賞味期限の過ぎた調味料が、棚や冷蔵庫の中に眠っている家はたくさんあります。
賞味期限が過ぎたものや、使ってみたけれど口に合わないものは抵抗なく処分できるでしょう。
調味料を片付けるだけで、スッキリするキッチンも多いはずです。
また、調味料を片付けたことで弾みがついて捨てるのに抵抗がなくなることもあります

まずは調味料の整理からはじめて、捨てるのに慣れよう

小さい引き出しから順に断捨離をすすめる

調味料の断捨離が終わったら、小さい引き出しの断捨離に着手しましょう。
範囲が狭いのですぐに終わり達成感が得られます。

もらってきた割り箸や爪楊枝、調味料の小袋、使わないカトラリー類が入っていることが多いものです。
割り箸や調味料の小袋ならば、遠慮なく捨てられることでしょう。
この作業で、捨てるものと残すものの区別を掴むコツも掴めます。

小さな引き出しが終わったら、少し大きな引き出し、そして食器棚へと徐々に範囲を広げていきましょう。

狭い範囲から着手して、早めに達成感を得ましょう

使っていない調理器具や食器類は全て捨てる覚悟をする

調理器具や食器は自然と増えていきがちです。
食器は多ければ多いほど管理が大変になります。

特に、家族が独立したり結婚したりした家庭は食器が余りがちになるでしょう。
また、調理器具もものによっては場所を取ります。
このようなものは、全て捨てる覚悟を決めましょう。

食器類や調理器具類は食に直結するものなので、中古品に人気はありません。
未使用かつブランドものでないと買取も難しいのが現状です。

未使用のブランド食器は売却し、ほかのものは捨てましょう

代用できる物は代用する

キッチン用品は便利グッズの宝庫です。「あったら便利」なものを片っ端から使っていると、あっという間にキッチンがもので一杯になってしまいます。
断捨離にも「使っているものだし」と苦労することでしょう。
使っているものを断捨離するのは大変ですが、「何かで代用できないか」と考えてみるのがおすすめです。
たとえば、家族の人数が少なければ水切りかごは個別に用意するのではなく、シンクに渡してあるステンレスの台で事足ります。
このように、代用できるものは代用することで、断捨離を進めていくことができるでしょう。

代用品を活用することで、キッチンに必要なアイテム数を減らしましょう

まとめ

キッチンは断捨離しやすい場所といわれていますが、整理整頓の習慣がないとなかなか大変です。
まずは、小さい引き出しからはじめて取捨選択の訓練をしましょう。
また、食器や調理器具は基本的に「捨てる」ことを前提に片付けるのがおすすめです。
中古の需要はほとんどない、と考えていいでしょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる